柿渋|柿の専門

柿渋|柿の専門 柿渋|柿の専門 柿渋|柿の専門
柿渋|柿の専門 柿渋|柿の専門 柿渋|柿の専門

独自の製法でつくる
高純度の無臭柿渋

柿渋|柿の専門

有機JAS認証
柿の葉専用の広大な
自社農園を所有

柿の専門は柿の葉茶や柿の葉をつかったさまざまな商品を製造・販売しています。
柿の葉の栄養価を高めるために柿の実をすべて摘果(果実を摘むこと)するのですが その摘果された柿から「柿渋」がつくりだされます。

柿渋|柿の専門

奈良式柿渋
特許製法

柿渋塗料などをつくる製造方法との大きな違いは、発酵させない「カキタンニン細胞」に着目した製法であることです。
奈良式。この特別は製造方法が唯一無二の柿渋をつくりだします。

柿渋|柿の専門 柿渋|柿の専門

特徴①純度・濃度の高さ

柿の専門では2008年より本格的に食品用・医学部外品用としての柿渋の研究に取り組みをはじめました。
一般的な柿渋塗料などからできる柿渋とは比較にならない高純度を保持しています。
また数値化することを重視し、本社工場に隣接した研究室には高速液体クロマトグラフィーなどをそろえ、瞬時に対応できる研究員も常勤しています。

柿の専門の柿渋

柿渋|柿の専門

特徴②産地限定・品種限定へのこだわり

唯一無二の高純度の柿渋を作り出すために、産地・品種を限定しています。
原料である摘果柿のトレーサビリティが明確です。 摘果する時期も研究により基準が設定されています。

柿渋|柿の専門

特徴③新工場で食品専用として開発

柿渋製造工場では液体の柿渋塗料などは一切製造せず、粉末のみに特化した衛生的な工場となっております。 2020年には奈良県HACCP自主衛生管理認証制度の認証も取得しています。

みなさまの暮らしをゆたかに

干し柿以外の柿の加工品がほとんど無い時代に、
傷つき捨てられる柿をなんとかしたいという想いからはじまった「柿の専門」。
つねに柿と対話しながら柿の特徴を丁寧に引き出し、
そんな姿勢からようやく生まれたのが「柿の専門の柿渋」です。
柿の栄養価を最大限に引き出すための分析機器を備えた実験室。
どこもしていないから意味がある。
これからも私たちは、柿や柿の葉の機能性に注目し、柿を科学します。
柿がみなさんのくらしを豊かにする、ステキな果物になるように。

柿渋|柿の専門の想い

石井物産(柿の専門)とは

柿の専門は、昭和40年創業以来、奈良吉野産の柿を使った和洋スイーツをお届けする柿の専門店です。 柿を使った地域活性化、柿のブランド化の進展に一層の手助けができればと考え、 2008年より、食品や化粧品原料としても使える新しい柿渋『奈良式柿渋』を研究開発して参りました。 これからも「柿をステキな果物に」という想いで、農家さんとの二人三脚で様々な柿をつかった商品を企画・開発していきます。

詳細はこちら
石井物産とは|柿の専門

よくあるご質問

  • Q1柿渋をはじめたきっかけは何ですか?

    農家さんのために、柿としては商品にならない柿に付加価値を。そんな創業者の想いもカキタンニンへの一歩につながりました。
    カキタンニンの原料は摘果柿です。摘果とは果実を大きく育てるために、枝についている実の数を減らすことです。
    その作業で廃棄していた柿を仕入れるだけで、ごみが減り、農家さんの副収入へと変わりました。
    柿がみなさんの暮らしを豊かにする、ステキな果物になるように。そんな思いで日々製品づくりを行っています。

  • Q2「奈良式柿渋」を詳しく教えてください。

    柿の渋味の元となるタンニン細胞に着目した、奈良県の特許技術を採用した製造方法です。発酵や熟成の過程で数年かかる従来の柿渋製造法とは違い、柿タンニンの高速抽出法により製造された柿渋です。当社は柿渋の性質と、柿の糖分やペクチンなどの研究を行い、純度の高い柿タンニンを抽出することを可能にしました。
    奈良式柿渋は、発酵させないので柿渋本来の臭いもなく、純度の高い無臭柿渋です。

  • Q3なぜ液体ではなく粉末なんですか?

    柿は本来、豊作と不作がよくある果物です。柿の収穫量に影響されず、安定して製造・保管するため冷凍保管が可能な粉末にしています。液体での保管は、高濃度ではゲル化して固まってしまい、保管場所や輸送方法にも問題が多くありました。
    そこで柿タンニンの品質を保つために最適だった方法が、粉末加工して冷凍することです。

  • Q4なぜ食品・医薬部外品専用にするのですか?

    当社が10年前に柿渋の製造を始めたとき、従来の柿渋屋さんは塗料・染料としてすでに長い歴史を重ねられていました。そんな老舗の柿渋屋さんにはない新しい柿渋はできないだろうかと考え、柿渋の機能性を研究し、なおかつ食品メーカーである私たちが「食品・医薬部外品専用の柿渋製造に最初に取り組もう」と決めました。

  • Q5品質管理はどのように行っていますか?

    大量生産を目的とした委託製造等は一切行わず、商品化まで一貫して管理。
    自社工場での製造、カキタンニン規格検査、製品証明書など、様々な自社の厳しい品質チェックを通じて、
    みなさまに安心してご使用いただける柿渋づくりを目指しています。

  • Q6商品のサンプルなどは送っていただけますか?

    商品のサンプルの送付は有償で行っております。
    ご要望・ご質問は下記の相談窓口からお気軽にお問い合わせください。